本日のマーケット (4/18) 金融株上昇

米国株式が高く引けたとこによりリスクオフムードが後退、また米財務長官ムニューチン氏が「ドル高は長期的な観点からすればよい」と発言したことにより円安進行 。

主にこれら2つの要因によって日本株は上昇し、TOPIXは+0.4%で引けました。

 

米国債券利回りが上昇したこと(債券価格は下落)によってグローバルで金融株に買いが広がりました。国内の金融株もその流れに乗り0.8%上昇しています。 

また、引き続き小型株に買いが広がっており大型株よりも好調に推移。為替やリスクに敏感な大型株よりも、それらの影響を受けにくく割安感がある小型株に投資妙味があると市場が考えているのでしょう。 

裏返せば、この2日間日本株式は上昇しているものの、実のところ投資家は依然として為替•地政学リスクを警戒していることが分かると思います。 

 

18日23時現在、米国株式は安く推移しております。またシカゴ日経平均先物大証引け値よりも小安く推移。さらには円高も進行中です(ドル円は109円を割り込み、108.70あたりを推移)。

英国メイ首相が英国総選挙の時期を早め6月8日に実施するというサプライズNEWSは今のところ市場ではネガティブに捉えられています。

このまま米国市場が下落し続ければ、明日の日本市場もおそらく年初来最安値あたりまで再び押し下げられるのではないでしょうか。

 

Best, 

おりばー